パラサイト・イヴ

「パラサイト・イヴ」

パラサイト・イヴ [DVD]

 

あらすじ

生化学者・永島の妻である聖美が交通事故に遭い死亡、腎バンク登録をしていた聖美からは腎臓が摘出される。 絶望する永島だったが検視官である友人・吉住に頼み込み聖美の肝細胞を秘密裏に入手し培養を始める。

Eve1と名づけられた聖美の肝細胞は驚くべき早さで増殖し、ついには自力で培養槽を抜けだし増殖の増進剤を手に入れようとする。その瞬間に偶然居合わせた永島の学生の朝倉はEve1に体を乗っ取られる。朝倉に乗り移ったEve1は学会の講演にてミトコンドリアの人間界への進出を宣言し会場を焼き払い大学へ逃亡。永島はそれを追うがEve1に誘惑され精子を奪われる。

Eve1は聖美の腎臓を移植された少女・麻理子の体と永島の精子を用いて完全な生命体を誕生させようと画策していた。病院にて麻理子を襲い受精卵を植え付けることに成功した。永島、吉住、麻理子の父が駆けつけた時には既に完全生命体・イヴは生まれ、人々に対する攻撃を始める。永島はイヴを止めるためにイヴと融合し消滅させることを決断する。

Wikipedia

レビュー

ミトコンドリア遺伝子をテーマにしたSFホラー映画。

原作は瀬名秀明のデビュー作となったホラー小説「パラサイト・イヴ」

 

学校でミトコンドリアとかを習っても覚えていない人もいるだろう。

序盤はそういった人に理解させるためにしっかりと専門的な事柄を説明しているのは好印象。

それと随所に入るピアノのBGMは素晴らしい。

観終わった後に気付いたのだが音楽担当はあの久石譲。

音楽が良いのは当然だったというわけだ。

 

前半部分で気になったのは手術シーンだ。

病院のシーンではなぜか鮮やかな赤の手術衣を着用している。

手術中に出血した血液の赤色を長時間見ていると、補色残像という現象が起こる。

視界がぼやけたり色が変わって見えたりしてしまうのだ。

それを和らげるために青緑色のような色の手術衣を着用するのが通常だ。

しかしここでは鮮やかな赤の手術衣だ。本来ならありえないはず。

あのシーン自体は特別に恐怖を煽ったり狂気性を強調するシーンではないし、

真っ赤な服というのは普通に見ても不自然だろう。意図がわからない。

 

監督は落合正幸ということで、ホラー的な雰囲気は全体を通してよく作られている。

ただ薄暗いだけではなく、照明に緑や青や赤といった原色を上手く使ったり、

三上博史が狂っていく過程などもホラーを上手く演出出来ていると感じる。

ラストの病院でのシーンはややチープなお化け屋敷のような印象を受けたが。

ただ時折現れるCG映像には興ざめするだろう。

せっかく雰囲気を出せていてもクオリティの低いCGでは盛り下がる。

液体のCGは難しいと聞いたこともあるが、

90年台の後半であるなら、他の映画や画像を見ても

もう少しまともなCGを作れたはずだと思える。

人体が燃える描写も、人物の上に炎を適当に被せて

ただ悲鳴を上げているだけといったような印象だ。

 

終盤、Eve1(葉月里緒奈)が麻里子を抱えて病院から逃げようとするシーンでは、

Eve1はなぜか浮きながら移動するのだ。

人間の身体の形をして、足もちゃんとあるんだからしっかり歩いてほしい。

発火現象はそれなりの説明があるので良いのだが、

ホバリングについては特に説明は無い。

人外感や神々しさのようなものを演出したかったのだろうが、

それならば特殊メイクを使い、ゲーム版「パラサイト・イヴ」のように、

人外感を演出したほうが良かったのではないだろうか。

 

また同じく終盤の病院のシーンではやたらとハイテクな防犯・防火設備を駆使して

Eve1の逃亡を阻止しようとするが、さすがにハイテク過ぎやしないだろうか。

ただの病院なのだが熱感知による追跡や、

3Dマップを使って位置関係を把握できる設備というのはいささか突飛すぎる。

さらにその機械はEve1によって破壊されてしまうのだが、

ここまで来るとなんでもありだなという印象しか受けない。

発火現象は体内のミトコンドリアを異常なまでに活発化させるという説明がなされている。

しかし、機械を故障させたり、供給される電力を不安定な状態にしたりなど、

他にも色々ツッコミどころはあるのだが、ファンタジーの領域がとにかく目立つのだ。

SFというジャンルは科学とファンタジーを両立させることが大事だと思う。

あまりにもガチガチな理詰めサイエンスだと

それはそれでコアなファンも付くだろうが、万人受けは難しいだろう。

あまりにもファンタジー寄りにすれば、SFにする必要はなく、

メルヘンチックなおとぎ話のようにしてしまえば良いわけで、

中途半端なバランスではどっち付かずで滑稽に見えて仕方がない。

 

エンディングの回想シーンからのエンドロールは音楽との相乗効果もあり、

とても壮大な映画を観終わったかのような満足感を味わえるのは良かった。

400デイズ (原題:400DAYS)

「400デイズ」

400デイズ [DVD]

 

あらすじ

地下に建設された施設内で400日にわたって生活するという実験に、4人の宇宙飛行士が参加する。順調に地下での生活を送っていた彼らだが、実験開始から200日目に地上の本部へメッセージが送れなくなってしまう。その後、彼らは幻覚にも悩まされるようになる。そして実験開始373日目に、外からハッチをたたく音が施設内に響き渡る。実験を中断して地上に出る宇宙飛行士たちだったが。その前には荒野が広がっていた。さらに、地球上には存在しないはずの物質が大気中に確認され……。

シネマトゥデイ

キャスト

役名役者名
セオ・クーパーブランドン・ラウス
エミリーケイティ・ロッツ
バグベン・フェルドマン
ドボラクデイン・クック
ウォルターグラント・バウラー

 

レビュー

宇宙飛行士が閉鎖された狭い空間で400日生活するという実験を行うというもの。

一応ジャンルとしてはSFに入るだろうが、SFと呼ぶにはSFに失礼だろう。

 

冒頭は記者会見からスタートする。

そこでは実験するメンバーが集まっており、記者の質問に受け答えするのだが、

主人公である船長のセオ・クーパーは二日酔いで顔にアザを作った状態で参加しているのだ。

外部に向けての記者会見にあからさまなアザをつけてぶっきらぼうな態度で

「恋人に振られて二日酔いなんだ、何も話すことはない」と言う。

メンバーと責任者が苦笑いしながら続ける。

まず精神的に不安定になっている、またなりやすいキャプテンの下で

400日も生活する実験に成功できるだろうか。

しかも外部向けの記者会見で無愛想な態度を取ってしまうような人間だ。

同僚も不安で仕方ないだろう。

責任者も適任はセオ・クーパーしかいないと言って勧誘していたが、

適性は皆無と言っていいのではないだろうか。

ちなみに施設に入ってすぐわかるのだが、医者として乗り込んだ女性エミリーが恋人である。

これは終盤に判明するのだが、エミリーは責任者に言われて別れを切り出したのだ。

それ以外の描写は特にない。微妙な関係性から起こる雰囲気や言動も無い。

もちろんストーリーの流れにも関わってこない。

 

施設に乗り込んだ後は7日目にトラブルが発生。通信が途絶えてしまい、

太陽光パネルの不具合?か何かで電力不足になるが運用には問題ないレベル。

その後は平和に過ごし一気に200日後。

この頃からメンバーの精神状態が悪化し、情緒不安定になったり幻覚を見たりする。

その後はまた一気に飛んでおよそ1年経過。(残り35日)

バグが息子の幻覚を見る。

373日目になり、突如としてハッチ部分を叩く音がする。

メンバーは放っておく選択を取るが、夜中に侵入者が現れる。

ロード・オブ・ザ・リングのゴラムを思わせる風貌だ。

あまりビックリしなかったが特殊メイクで顔ドアップという典型的なジャンプスケア。

というか簡単に外部から侵入できるということは、

呼吸に関する問題(酸素関連)のテストは出来ないのでは…?

そもそも簡単に侵入されたらダメだと思うが…。

そしてエミリーが無呼吸状態に陥っている間に侵入者が逃げてしまう。

逃げてしまうのだが、サラッと流すメンバー一同。

 

ここで外に出て様子を探ることに…。

数時間歩いてわずかな明かりが付いた町を見つける。

そこでなぜか営業しているダイナーを見つけて話を聞こうとするのだが、

どうも人々の様子がおかしい。

話を聞くとどうやら月に何かが衝突して地球上に粉塵が降り注いでいるらしい。

その後、お隣のバーへ移動するとドボラクがナンパしてどこかへと消えてしまう。

これ以降は特に何も無く出番は終わり。

 

ダイナーに泊めてもらうことにした3人。

見張りとして起きていたバグはまた幻覚を見てしまう。

そして2人が起きて399日目、バグがいなくなってしまう。

町の人からは幻覚見てたんだと言われるが、これ以降は特に何も無く出番は終わり。

町の人から宇宙船へ戻れと言われて、「なぜ宇宙船のことを知っている?」

主人公は不審に思うのだが、ガッツリ宇宙服らしきものを着ているわけで、

そこまでおかしいと言えるレベルではないだろう。

そして2人で逃げている最中にはぐれてしまい、

なぜかふと建物内に入ってしまったセオ・クーパー

その中には以前、施設に侵入してきた人と同一人物なのか、

それともよく似た人間なのかはよくわからないが、

ゴラム似の囚われている人物を発見して開放する。

食人を連想させるような描写だが、特にこの後の展開には何も影響しない。

 

2人は合流し施設へ戻るが、追跡され数人が襲撃にくるが、これを撃退。

そこでちょうど400日を迎え、訓練終了したとの映像が流れる。

困惑した表情を浮かべる2人。ハッチからわずかに漏れる光。ここで終了。

地上の町も訓練施設で大掛かりな訓練施設と化していたのか、

ラストの映像もハッチも時間が来ると

自動的に開くようになっているだけだったのか、

観ている人間にはわからない。

 

 

 

「結末は観た人の想像におまかせします」というのは、

個人的には嫌いではないが、この映画に関しては最も悪い手法だろう。

何もかも投げっぱなしなのだからラストぐらいしっかりと決着をつけてほしいものだ。

この映画は結末だけでなく、なにもかも全ての要素において、

観た人の想像におまかせしますといったような感じだ。

全編を通してどっちにも受け取れるような中途半端な描写があったり、

一切説明が無かったり、うやむやなまま放置されたり、

完全に意味不明だったり、とにかく何に対しても答えのない、

ひたすらモヤモヤだけが残る映画だった。

 

適当にそれっぽいシーンを入れて、「あとは観た人が勝手に深読みしてくれるだろう」と、

安易な発想で作ってしまったのだろうと思わざるを得ない。

無理矢理深読みすれば、ワクチン注射は毒だとか(ドボラクが気にしている)、

訓練は外に出ることも含まれていて、暗視装置で監視されているとか。

ただ適当なシーンばかりなので、浅い深読み?になってしまうのだが。

 

理解できない描写やシーン、構成が他にも多く見受けられる。

侵入してしまったネズミを素手で触った挙句、名前を付けて飼おうとするなど、

宇宙飛行士候補とは思えない振る舞いをするバグ

セオ・クーパーエミリーの幸せだった頃の回想シーンが

度か唐突に入るが特に意味はない。

上にも書いたが、執拗に感染予防用のワクチン注射のシーンを挟むが特に何も無い。

地上に出てから何度か、何者かが暗視装置を通して

見ているようなシーンがあるが意味不明、などなど。

 

細かいツッコミになるが、地上に出て町を見つけた際に

ヘルメット部分に木のようなものが反射している。

あのシーンは町の明かり以外は真っ暗なのだから

この見え方はよろしくないのではないだろうか。

 

他に地上に出た際に、「周りには木が生い茂っていたはず」などというセリフがあったが、

冒頭の記者会見で景色がメインに映るシーンはほんの一秒程度しか無いため、

正直自分は全く覚えていなかった。

地上に出た際のインパクトを強めるためには、

冒頭でもっとしっかり周りの景色を印象付ける必要があったと思う。

 

B級映画好きというよりかは、寛大な心を持って笑える余裕が無い人にはオススメできない映画と言えるだろう。

ロスト・エモーション(原題:Equals)

「ロストエモーション」

ロスト・エモーション [DVD]

作品データ

製作年: 2015年
監督:ドレイク・ドレマス

キャスト

役名役者名画像
サイラスニコラス・ホルト
ニアクリステン・スチュワート

解説

リドリー・スコット製作総指揮の下、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトと「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが共演したSFサスペンス。世界戦争によって地上の99.6%が破壊された近未来。滅亡の危機に瀕した人類は、遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体「イコールズ」をつくった。そこで暮らす人々は保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望といった感情が生まれると、「発症」したとして隔離施設へ送られ、安楽死させられる運命にあった。そんな環境下で、感情を「発症」してしまったサイラスとニアは、外の世界への脱出を決意する。日本でもロケを敢行し、世界的建築家・安藤忠雄の建築物で近未来都市の世界観をリアルに再現した。監督は「今日、キミに会えたら」のドレイク・ドレマス。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

映画.com

 

 

レビュー

舞台は世界戦争によって地上の99.6%が破壊された近未来。人類が住める場所は2箇所のみとなった。

1つは遺伝子操作を施した感情のない人間のみで構成された共同体「イコールズ」を作り生活している。

もう1つは「イコールズ」から西にある半島である。その半島では感情や欲望を持った「欠陥者」と呼ばれる人達が住んでいる。

「イコールズ」で生活する人々が感情を発現させてしまうと

「SOS(感情制御不能症:Switched On Syndrome)」「感染」「発症」と診断され

保健安全局の管理する施設「DEN」に連行され最終的に安楽死させられるという設定だ。

 

一見ガチガチの管理社会と思いきや、監視体制が激甘なのである。

そもそも感情や欲望が無いことが前提となっているがゆえなのかもしれないが…。

まず特に誰かに見張られているわけではないし、休憩中に雑談したりもOKなのである。

感情が完全に無いのだとしたら、雑談による相手への探究心・興味といったものもアウトだろう。

さらに細かい演出にもツッコミが入ってしまう。

例えば出世願望や共同体のために仕事を頑張ろうという気力も無いはずである。

普通なら仕事への意欲は皆無と言っていいだろう。

またサイラスが会議中に「SOS」に罹っている事を打ち明けた際には、

同僚は「マグカップは別にしよう」と言っていることから周囲の人間は感染を恐れてしまっているのである。

しかも感染の危険は皆無と言われているのにも関わらずである。

その後は上司であるレナードに問題行為があると認識されているのにも関わらず口頭で注意のみ。

サイラスが出版部を辞めるということを人事担当?に報告した時にあったセリフ「出版部の仕事は人気で…」とあるが、

感情が無いのに特定の職種が人気とはこれいかに?

終盤からラストシーンにかけては列車に乗って郊外へ行き、そこから「欠陥者」の半島へ向かう予定だという。

なぜ自由に列車に乗れるのだろうか。欲望や感情が無ければ列車に乗って移動する必要は無い。

旅行等は完全に不要、どう考えても開拓や調査などの労働以外では列車を使うケースは無いのである。

そもそも感情の発現が自己申告というのはおかしい。

血液で簡単に判別出来るのだから、最初から体内に埋め込むタグに同等の機能を付ければ簡単ではないだろうか。

さらにプライバシーなど無いのだから、監視カメラを各個室などに設置すれば、

すぐに不穏分子を見つけ出せるのだが、一切設置されていないのも不自然だ。

 

一方、良かった点はコンクリート打ちっぱなしの無機質な建物と白を基調とした制服である。

これらにより、この世界の雰囲気を上手く作り出している。

そして「無感情」という特殊なシチュエーションと恋愛という真逆の要素を上手く対比させることで、

より効果的に舞台を作り上げている。

また登場人物達の「無感情」や「感情を隠している無感情」や「抑えていた感情を爆発させた」演技に関しては

違和感無く観れることが出来たのは良かった。

 

人類が種を存続させるため、争いを無くすために「感情」が悪だとされてきた世界で

「感情」を発露させてしまった主人公の「葛藤」や「感情」の大切さは考えさせられた。

 

ソイレント・グリーン SOYLENT GREEN

「ソイレント・グリーン」

ソイレント・グリーン 特別版 [DVD]

あらすじ

2022年、爆発的な人口増加と環境汚染に見舞われたニューヨーク。合成食品ソイレント・グリーンの製造会社社長が殺された事件を捜査する警官は、背後に食糧危機打開のための政府の陰謀がある事を知る……。

レビュー

1973年公開のSF映画。
舞台は2022年のニューヨーク。人口が爆発的に増えてニューヨークだけで4000万人の市民がひしめき合う。

極端な人口増加とそれに伴う食料不足などの問題が起因となり大規模な自然環境破壊がもたらされた世界。
そのため夜間外出禁止令や食料や飲料水の配給制などの極端な管理社会(ディストピア)となっているようだ。

また肝心の食料は動物も植物もほぼ壊滅状態のようで、一般市民は基本的に合成食品会社ソイレント・グリーンの合成食品しか食べることは出来ない。
「ソイレント・グリーン」「イエロー・ソイレント」「ソイレントパン」などのバリエーションがあるらしいが味は無いらしい。
前半では主人公ソーンが「本」のソル・ロスと一緒にリンゴやレタス、シチュー?のような物を食べるが、ソーンは合成食品以外の食事はこれが初めてだったようだ。

警官であるソーンはソイレント・グリーン社の社長が殺された事件を捜査していく中で「ソイレント・グリーン」の秘密を探る。

用語解説

この作品には独特な言い回しの単語がある。作品中には明確な説明は一切無い。
観ていくとわかるようにはなっているものの、序盤はよくわからないだろう。

家具その家に付属している女性のこと。
住居のオーナーの所有物で、入居者が自由に使うことができる。
文字通り家具として扱われ人間としては扱われない。
またそのような待遇は当たり前のようだ。
多くの知識を持った老人のこと。
また読み書きが出来て、なおかつ本を読み理解することが出来る知能を持っている。
上記の「家具」と同様、基本的には人間扱いではないようだ。
ホーム安楽死施設のこと。
自然が豊かな頃の映像と音楽を聞きながら安らかな眠りにつける。
交換所情報交換所のこと。
沢山の書物と「本」が集まっている。
文字通り情報を交換する場所。

人口爆発やそれに伴う急激な食料の需要の高まりと雇用問題、

科学の急激な発展速度と経済優先で自然環境を考慮しない経済活動による自然環境破壊。

1973年にこれらの問題提起を描いた作品だ。今から45年前の作品である。

さすがにあと4年ではこのような惨状にならないであろうが、遠い将来にはありえないとまでは言えない恐怖がある。

 

全編を通して色の無い、鬱屈とした希望のない雰囲気を上手く醸し出せている。

服装も華美な物は一切無く、色味もやたらと地味だ。

さらに植物がほとんど無いことで地球上はやたら暑くなっているらしいが、

登場人物はほとんどじっとりとした汗をかいており、蒸し暑さがダイレクトに伝わってくる。

このような描写から否応なしに切迫、困窮した世界を感じさせられる。

 

特にインパクトのあるシーンとして、パッケージの画像にもなっているショベルカーで人間をすくい上げて荷台へ投げ入れるというシーン。

個人一人一人を人間と思っていない様を上手く描いているといったシーンだ。

また「ホーム」と呼ばれる安楽死施設には行列が出来てしまっている。

さらに「家具」や「本」という呼称など、随所に人権を無視した描写を入れ、狂った世界設定を強調している。

 

こういった暗澹なシーンとは対照的にソーンとソルとの食事のシーンはとても美味しそうに幸せそうに食べるのである。

質素な料理とも言えないようなレベルの食事なのだ。おまけに部屋も汚く食器も簡素なプラスチック製。

しかしここまで美味しそうに見えるのは、ここに至るまでの過程で、困窮した生活感、雰囲気といったものを演出出来ているからではないだろうか。

もちろんチャールトン・ヘストンとエドワード・G・ロビンソンの演技力も大きな要因だろう。

食べ終えた時のゲップからの笑い合うシーンは

こちらまで幸福感が移ってきそうで自然と頬が緩む。

数少ない笑顔のシーンとしてはインパクトがあるシーンだ。

全編を通して食材について話した時とこの食事中のみ登場人物に笑顔がある。

またBGMの少ない映画ではあるが、ここでは陽気なBGMが流れるのもしっかりと場面を導入してくれる。


 

このような設定と描写は良いのだが、一つ気になってしまった。

植物はほぼ絶滅しかけており、さらにプランクトンも絶滅したということが後半にかけて判明する。

そうなってしまえば、もう水も食料も循環出来ず、大気(酸素)も維持出来なくてすぐに人間も絶滅するのではと思ってしまった。

 

またラストシーンでは食用人間の飼育について言及するのだが、それはありえないだろう。

「人肉が食料になれば次は食用人間の飼育だ」

既に亡くなってしまった遺体を食用へと転用するのはまだ意味がわかる。

しかし食用として飼育するにはコストがかかり過ぎるのではないだろうか。

人間が食用とするものはほとんど人間には食べられないもの(食べにくいor栄養吸収しにくいものor身体に悪影響が出るもの)を

栄養として吸収して肉や果実、種や葉といった人間が食べられる物に変換してくれるのである。

もちろんあえて人間が食べられる食べ物を飼料として使うこともある。

だがこの世界ではそんな事はやっていられないだろう。

人間が食べられる物は食用人間に与えるより、自分で食べた方が圧倒的に効率が良いからだ。

おまけに人肉を食べると病気になってしまうことも判明している。(ソイレント・グリーンを製品化出来ているのでこれはクリアしているかもしれないが)

やはりこのセリフは無い方が良かったのではないだろうか…。

 

概ね満足した映画だったのだが、ラストシーンにわずかにあるアクションシーンは素っ気ない。

不満とまではいかないが、45年前の映画とはいっても、やや淡白すぎるような気がする。