秒速5センチメートル

「秒速5センチメートル」

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

監督:新海誠
原作:新海誠

キャスト

遠野貴樹(CV:水橋研二)
篠原明里(CV:近藤好美)(第1話「桜花抄」)
澄田花苗(CV:花村怜美)(第2話「コスモナウト」)
篠原明里(CV:尾上綾華)(第3話「秒速5センチメートル」)

あらすじ

小学校の卒業と同時に離ればなれになった、遠野貴樹と篠原明里。そのとき、二人の間には二人だけの特別な想いが存在していた。しかし、無情にも時だけが過ぎてゆく……。そんな日々を重ねたある日、ついに貴樹は明里に会いに行くことを決意。訪れた約束の日、チラホラと舞う雪がスピードを増し、辺りを白く包んで行った……。

シネマトゥデイ

 

レビュー

新海誠監督の作品。映画「君の名は。」が大ヒットしていたようなので、この作品も観てみることにした。
ちなみに「君の名は。」は心を動かされるほどではないが、エンタメとしてはまあ十分に楽しめたといった感想だ。

全体の構成としては3話構成となっている。
1話「桜花抄」、2話「コスモナウト」、3話「秒速5センチメートル」。
1話「桜花抄」は小学校時代から中学校時代にかけての淡い青春を描いたもの。
2話「コスモナウト」は高校生時代、遠野貴樹に恋心を抱く澄田花苗と、篠原明里とは徐々に疎遠になっていく遠野貴樹の話。
3話「秒速5センチメートル」は大人になりもう2人の関係も無く、心にハリをなくした遠野貴樹と結婚した篠原明里の話。

まず主人公である遠野貴樹には全く共感できないようなキャラクターだ。
恋愛モノとして作品を作ったのだからある程度は共感できるような身近な要素がマストだと思うのだが、
主人公は暗くウジウジしていて感情的に抑揚のない人間として描かれており、2話では明らかに好意を寄せてくれている同級生に中途半端な態度をとったりする。
二人きりでいつも下校したり表面的には仲良くしているにもかかわらず、明らかに壁を作り心の内側を見せない主人公。
そこまで極端に篠原明里を想っているのなら、積極的にコンタクトを取れるだけの精神的エネルギーはあるはずだし、結局はそこまでじゃなかったのかなと思わされる。
にもかかわらず3話で大人になってからもずっと忘れられずに引きずる主人公。意味がわからない。

そしてストーリーの内容が表面的すぎる。中身の深い所やテーマ性といったものは感じられなかった。
ただ淡い恋心を引きずった男性ときっぱり切り替えて新しい道へと進む女性というだけである。
引きずりやすく新しい恋愛へと発展しにくい男性と、切替の早く新しい恋愛に向かう女性という構図をテーマに取り上げているのだとしたら、自分には理解できない。
引きずりやすい男性と切替の早い女性というイメージは、個人的には大まかな傾向として存在するような気がすると言えなくもない。
もちろん個人一人一人でのレベルでの話では、さっぱりした男性や引きずりまくる女性も沢山いるだろう。
もし仮にこのようなテーマで描いているのだとしたら、女性差別だとかLGBTがどうだとか、非常に、かつ過剰に取り上げられやすい問題となっている。
こうしたセンシティブな問題において、男性らしさ、あるいは女性らしさなどという言葉を使うこと自体を咎められる可能性すらあるのだ。
そんな中でこんなテーマを取り上げているとしたらナンセンスだ。
またタイトルの「秒速5センチメートル」とキャッチコピーである「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか」から
「人間の生きる速さ」といったテーマが描かれているのかとも推察できる。
確かに主人公と篠原明里の生きる速度やテンポ・リズムは違うのかもしれない。
だがそれならば、もう少し生きる速度に関する描写を多くしてほしかったという印象だ。
時折入る長さや距離の表現、2話の「秒速5キロ」や3話のメールで「1センチも…」のセリフがあるが、生きる速度とは直接関係の無い場面である。
もし「生きる速度」がテーマであってたとしても、それに関する描写が少なすぎてこの作品を観てすぐにそのテーマが伝わるとは思えない。

そもそもこういうテーマだったり、何か壮大なストーリーを作らずにただ感傷的なシーンをメインに描きたかっただけなのだろうか。
それにしては臭すぎるように思える。1話はありがちではあるものの、相思相愛になったりするシーンは良い。
しかし2話では篠原明里を想い続けることを微塵も隠さない主人公。そして中途半端な言動に振り回される同級生。
そして3話では対照的な2人を描く。引きずる主人公の不幸さ、惨めさと、結婚して良い思い出に昇華した篠原明里の幸福さ。
このギャップに加えて、山崎まさよしの楽曲「One more time, One more chance」が流れる。
正直、3話では山崎まさよしの曲の良さでカバーできてるといった印象だ。


緻密な風景描写と楽曲の良さで圧倒され、主人公の不幸さが際立つのだがやりすぎだ。
これでもかと主人公を惨めにさせる雰囲気だ。
さらに全体を通して登場人物の心の中の声が随所に入るが、言い回しがポエムっぽくて好きになれない。
これらは個人の好みによる所が大きいのは承知しているが、個人的には臭すぎると思えて面白みを感じられない。

登場人物の心情や言動に関する描き方、ストーリーの構成なども含めて、恋愛観をこじらせたような、
新海誠監督の思い込み、あるいはこうあってほしいなどといった思想が透けて見えてしまうようでどうしても好きになれない。

逆に上記に挙げられたことが気にならないのであれば、好みに合致するのであれば、
美しくロマンチックなお話として没入感や共感といったものが増幅されて作品を楽しめるだろうと思う。

 

良かった点

なんと言っても自然風景や都会の風景の緻密さ、美しさが、色彩などが良い点だ。
特に自分は都会の風景や建物、生活感のある住居の外観や電柱・電線などを含めた人工物による風景が好きで、何とも表現しきれない興奮を覚えるのだ。
これは個人の好みであるのだが、非常に満足できる内容だ。
宇宙や星といったものも綺麗だと思うし好きなのだが、この作品においては若干過剰な描写と感じた。

篠原明里の声は1話・3話共に、暖かみのある、優しく可憐な声で純情さを感じる声でとても好印象だ。
声優は1話と3話で違うのだが、1話は幼さを感じられ、3話は1話の頃の声・喋り方を崩さず大人の落ち着きのある声で、かつ違和感が無いのは良かった点だ。
アニメーションだからといってキンキン声にならなくて本当によかった。