セル(原題:CELL)

「セル」

セル [DVD]

あらすじ

離れて暮らす妻と息子に空港から電話をしていた作家のクレイ(ジョン・キューザック)だったが、携帯の電池が切れてしまう。すると、周囲で携帯電話を使用していた人々が突如凶暴化し他人を襲い始め、空港は大混乱に陥る。辛くも地下鉄へ逃げ込んだクレイは、車掌トム(サミュエル・L・ジャクソン)、少女アリス(イザベル・ファーマン)と協力し、暴徒の襲撃をかわしながら妻と息子のもとへ向かう。

Yahoo映画

 

レビュー

スティーヴン・キングの原作を、キング自ら脚本を手掛けた作品。

監督はトッド・ウィリアムズ

ジョン・キューザックサミュエル・L・ジャクソンイザベル・ファーマンらが出演している。

 

携帯電話を使っていた人が突然何らかの電波、あるいは音声により半ゾンビ化するという作品だ。

携帯電話に耳を当てると狂暴になり、自傷行為や狂暴化していない人間を襲ったりしてくる。

最序盤はテンポよく進み緊張感のある展開が続く。

だが進むにつれてテンポが良すぎるような印象を受けた。

無駄なシーンが少なく、必要な要素を淡々と映しているだけだ。

誰かが襲われるシーン、過去などのバックグラウンドを語るシーンなどは入れてくるものの、

いわゆる「遊び」の部分が無く淡々と進行する。

普通は物語の本筋には全く意味のない雑談や行動を少し入れることで、

キャラクターの性格面や世界の掘り下げをしたりするが、それが一切無い。

移動のシーンなどはほとんど描かれず数秒の風景を差し込むだけなど、

ぶつ切りで繋がりを感じられない所も多く感じる。

生存者も同行してはすぐに襲われて離脱を繰り返すのみ。

構成としてはあまり褒められるものではないだろう。

 

ストーリー上の謎もほぼすべて明らかにならない。

中盤以降、明らかな伏線として生存者の夢に出てくる赤いパーカーの男。

ラストまでちょこちょこ出てくるのだが、詳細は一切不明。完全にほったらかしである。

謎の電波によるゾンビ化についても詳細は一切語られない。

中盤以降、ゾンビ側がなぜか主人公のみをターゲットにして誘い出すような行動があるが目的は一切不明。

終盤、カシュワクという場所へ息子を助けに行く選択を取る主人公に対して、

自殺行為だ」とか「明らかな罠だ」とか言って引き止めようとするのだが、

これにはどうも納得できない。

そもそもカシュワクに関する情報が少なすぎて、

映像中には罠だと判断できる根拠は出てこない。

 

ラストシーンについても伝えたいテーマとインパクト重視で安易に考えた感が否めない。

なぜか大量の携帯人が電波塔の周りをぐるぐる回っている。

主人公を襲うわけでもなく、ただ壁を作っているだけ。

主人公の行動も意味不明だ。

円の中心にいた赤いパーカーの携帯人を倒してから、

徒歩で携帯人の壁を抜け出そうとしている。

壁が分厚く押し戻されてしまう主人公が、諦めたようにC4の起爆させようと携帯電話を開く。

息子を助けに来たわけじゃないのかと言いたい。

息子を助けるためならまず息子を探すのが最優先なんじゃないだろうか。

その後すぐ目の前に息子が現れるも携帯人となっていたので、自爆を決意する。

しかし、自爆する前に既に携帯人となってしまったらしく、主人公も壁の一人となりエンディング。

幸せな幻想を見てラストシーンを迎える。

 

 

この作品は携帯電話に依存すぎている現代の状況を批判したいという、

その一心で撮った映画だと感じる。

レビューを見るとエンディングシーンが意味不明だと書いているレビューがあるが、

どうみても深読みするようなエンディングではないだろう。

携帯電話に依存している人間は自分では幸せだ、便利で充実していると感じているが、

外から見ると(まともな人から見ると)意味のない行為を、

実体のない者(物)に繰り返させられているという滑稽な状態のように見えている。

作品全体を通して、ただこれを描きたかっただけであろう。

細かい設定などはすべてほったらかしなので、

少しはエンタメとして楽しめる要素を入れておくべきだろう。

芸術的な映画だとか持ち上げているレビューもあるが、

原作スティーブン・キングの名前に引っ張られすぎである。

有名俳優に有名原作者だからといって持ち上げる必要はない。

 

まとめると序盤の数分は引き込まれるものの、

それ以降は右肩下がりで面白さが無くなっていく。

特に良い点も無く、観て後悔するような作品であった。

都市伝説:長身の怪人(原題:The Operator)

「都市伝説:長身の怪人」

都市伝説:長身の怪人 [DVD]

 

あらすじ

地方のTV局で働くリポーターのサラとカメラマンのマイロは2012年の新年を祝うパーティーで、酔った勢いで肉体関係を持つが、サラは彼に好意は無く、一方彼女を諦め切れないマイロはストーカーのようにサラの日常に付きまとう。そこへ大都会の局で働いていたチャーリーが転職してきて、3人は住人が失踪した家屋が増えている事態を取材し始めるが、肉眼には見えないがカメラに写る長身の怪人が出没していると気付いて……。

WOWOW

 

レビュー

率直に言ってこの映画は、カメラの映像越しにしか見ることのできない長身の怪人の出現と、

ローカルTV局で働く3人のいざこざがあるだけの映画。

カメラ越しでしか見えないというアイデア一本だけで勝負した様な映画だ。

撮影方式は低予算ホラー特有のPOV方式。

カメラを通してしか見ることができないという点では当然といえるだろう。

 

この長身の怪人は文字通り出現するだけである。

なにか登場人物たちに対して干渉してきたり、危害を加えることはない。

途中でなぜかペットの犬が殺されてしまうが、それ以外はただカメラに映るだけ。

最終的には襲ってくるんだろうなと思っていたのだが、とうとう何もせずにエンディング。

ビジュアル面でもただスーツを着ているのっぺらぼうという印象だ。

長身ではあるが、長身というほど長身というわけでもない。

可変で2メートル前後といったところだろうか。

多少は不気味さを感じるが、ホラー的にはインパクトが弱い。

 

長身の怪人は見えるだけで喋らず、何かを示唆することもない。

目的もわからなければ、行動原理もわからない。

本来、意図や目的が理解できないという事は恐怖感や不気味さにつながるのだが、

怪人側から何も行動を起こしてこないので全く恐怖を感じないのである。

対象はおそらく「最初に長身の怪人を認識した人間」と「発見者経由で認識させられた人間」とで分けられる。

どちらも謎の印(○と×の組み合わせ)が浮かぶと対象。

最初に認識した人間」が徐々におかしくなり、

最終的に何かに取り憑かれたようになり、

発見者経由で認識させられた人間」を殺し始めると推測できる。

推測はできるがそれだけである。

 

ストーリー展開も起伏がほとんどなく、淡々と進んでいく。

なにかが起きそうなシチュエーションでも何も起きず、

たまにジャンプスケアを使用して驚かすだけ。

序盤から伏線的なものもなく、意味のない会話や場面を繰り返す。

長身の怪人が見えるようになる→対策や謎を探る→自分が死ねば2人が助かると思い実行→ED

この流れの中に三角関係による不毛な言い争いを挟み進行していくといった感じだ。

謎の印や怪人についての詳細は一切解明されない。

スレンダーマンをそのまま使っただけで、詳細設定などはおそらく考えてもいないのだろう。

 

派手なアクションは無く、精巧に作られたストーリーでもなく、

無駄なシーンが多く、さらにホラーと呼べるような怖さにも欠ける。

すべてにおいてクオリティーの低い作品といえるだろう。

リメイニング(原題:THE REMAINING)

「リメイニング」

リメイニング [DVD]

 

あらすじ

トミー(ジョニー・ペイカー)の結婚披露宴に詰め掛けた大勢の友人や家族たちが、いきなり次々と倒れ始める。雷鳴がとどろく中、天からは巨大なひょうが降ってきて式場の屋根を突き抜け、外に出たトミーたちの目に墜落していく旅客機が飛び込んでくる。教会に逃げ込んだ生存者たちに、牧師はついに黙示録に記された終末が訪れたと説くが……。

Yahoo映画

 

レビュー

 

キリスト教における終末論を題材にしたパニックホラー映画。

序盤は青春映画っぽい作りとなっている。

仲良しグループのうちの1組のカップルの結婚式から物語はスタートする。

順調に進行していた結婚式だったが、突如として参加者が倒れはじめ、

地震や落雷、ひょう等の天変地異が一斉に発生し巻き込まれていく。

徐々にキリスト教における終末論と共通した事象だということがわかっていく。

 

はっきり言ってストーリー全体の流れはこれだけである。

仲良しグループが天変地異に巻き込まれて、人知を超えた事象により追い詰められるだけ。

特に中身は無く、信仰を持たない人が死んでいくということが序盤にわかり、

ラストも大量の堕天使?が織りてきて大惨事というだけのただのパニックものだ。

 

撮影手法として通常撮影と併用でハンディカメラを使ったPOV形式による展開が続く。

POVで臨場感を醸し出そうとしたのかもしれないが、

実際に使用されたのはほとんどが最序盤のみとなっている。

時折、思い出したように使われることがあるが、

結婚式でのシーン以降は天変地異や暗がりでの異形の怪物等、

CGや演出等の粗をごまかすためだけに使用した感が否めない。

 

ストーリーは基本的に仲良しグループのメンバーで進行していくのだが、

結婚式会場から逃げ出した後の図書館での場面で、金髪ショートカットが特徴的なサムが同行することになる。

しかしエンディングまで特に何か重要な役割を持っているわけでもなく、

不要なキャラクターであるといえるだろう。

いなくても簡単になんとかなるシーンしか無いのである。

 

主要メンバー以外の人物(エキストラ)は基本的にワーワー騒いで逃げるか、

ぼーっとしているだけというのは若干不自然に感じた。

黙って雨宿りしているだけの人々や教会で黙って座ってるだけといった具合だ。

もし本当にこのような状況になったなら、もう少し不安がったり、慌てふためいたり、

略奪や逃げ惑う人で混乱状態に陥るだろう。

さらにエキストラがいるシーンといないシーンがはっきりしすぎているのも違和感があった。

図書館には大量に人がいたにもかかわらず、町中を歩くと一人もいなかったりするのは不自然だ。

 

 

総評としてはキリスト教の宣伝映画かなという感想だ。

エンタメとしては明らかにクオリティーが不足しているし、

とにかく神を信じましょうというメッセージしか感じられない。

細かいツッコミどころも多くこれ以上の感想は出てこない。

パラサイト・イヴ

「パラサイト・イヴ」

パラサイト・イヴ [DVD]

 

あらすじ

生化学者・永島の妻である聖美が交通事故に遭い死亡、腎バンク登録をしていた聖美からは腎臓が摘出される。 絶望する永島だったが検視官である友人・吉住に頼み込み聖美の肝細胞を秘密裏に入手し培養を始める。

Eve1と名づけられた聖美の肝細胞は驚くべき早さで増殖し、ついには自力で培養槽を抜けだし増殖の増進剤を手に入れようとする。その瞬間に偶然居合わせた永島の学生の朝倉はEve1に体を乗っ取られる。朝倉に乗り移ったEve1は学会の講演にてミトコンドリアの人間界への進出を宣言し会場を焼き払い大学へ逃亡。永島はそれを追うがEve1に誘惑され精子を奪われる。

Eve1は聖美の腎臓を移植された少女・麻理子の体と永島の精子を用いて完全な生命体を誕生させようと画策していた。病院にて麻理子を襲い受精卵を植え付けることに成功した。永島、吉住、麻理子の父が駆けつけた時には既に完全生命体・イヴは生まれ、人々に対する攻撃を始める。永島はイヴを止めるためにイヴと融合し消滅させることを決断する。

Wikipedia

レビュー

ミトコンドリア遺伝子をテーマにしたSFホラー映画。

原作は瀬名秀明のデビュー作となったホラー小説「パラサイト・イヴ」

 

学校でミトコンドリアとかを習っても覚えていない人もいるだろう。

序盤はそういった人に理解させるためにしっかりと専門的な事柄を説明しているのは好印象。

それと随所に入るピアノのBGMは素晴らしい。

観終わった後に気付いたのだが音楽担当はあの久石譲。

音楽が良いのは当然だったというわけだ。

 

前半部分で気になったのは手術シーンだ。

病院のシーンではなぜか鮮やかな赤の手術衣を着用している。

手術中に出血した血液の赤色を長時間見ていると、補色残像という現象が起こる。

視界がぼやけたり色が変わって見えたりしてしまうのだ。

それを和らげるために青緑色のような色の手術衣を着用するのが通常だ。

しかしここでは鮮やかな赤の手術衣だ。本来ならありえないはず。

あのシーン自体は特別に恐怖を煽ったり狂気性を強調するシーンではないし、

真っ赤な服というのは普通に見ても不自然だろう。意図がわからない。

 

監督は落合正幸ということで、ホラー的な雰囲気は全体を通してよく作られている。

ただ薄暗いだけではなく、照明に緑や青や赤といった原色を上手く使ったり、

三上博史が狂っていく過程などもホラーを上手く演出出来ていると感じる。

ラストの病院でのシーンはややチープなお化け屋敷のような印象を受けたが。

ただ時折現れるCG映像には興ざめするだろう。

せっかく雰囲気を出せていてもクオリティの低いCGでは盛り下がる。

液体のCGは難しいと聞いたこともあるが、

90年台の後半であるなら、他の映画や画像を見ても

もう少しまともなCGを作れたはずだと思える。

人体が燃える描写も、人物の上に炎を適当に被せて

ただ悲鳴を上げているだけといったような印象だ。

 

終盤、Eve1(葉月里緒奈)が麻里子を抱えて病院から逃げようとするシーンでは、

Eve1はなぜか浮きながら移動するのだ。

人間の身体の形をして、足もちゃんとあるんだからしっかり歩いてほしい。

発火現象はそれなりの説明があるので良いのだが、

ホバリングについては特に説明は無い。

人外感や神々しさのようなものを演出したかったのだろうが、

それならば特殊メイクを使い、ゲーム版「パラサイト・イヴ」のように、

人外感を演出したほうが良かったのではないだろうか。

 

また同じく終盤の病院のシーンではやたらとハイテクな防犯・防火設備を駆使して

Eve1の逃亡を阻止しようとするが、さすがにハイテク過ぎやしないだろうか。

ただの病院なのだが熱感知による追跡や、

3Dマップを使って位置関係を把握できる設備というのはいささか突飛すぎる。

さらにその機械はEve1によって破壊されてしまうのだが、

ここまで来るとなんでもありだなという印象しか受けない。

発火現象は体内のミトコンドリアを異常なまでに活発化させるという説明がなされている。

しかし、機械を故障させたり、供給される電力を不安定な状態にしたりなど、

他にも色々ツッコミどころはあるのだが、ファンタジーの領域がとにかく目立つのだ。

SFというジャンルは科学とファンタジーを両立させることが大事だと思う。

あまりにもガチガチな理詰めサイエンスだと

それはそれでコアなファンも付くだろうが、万人受けは難しいだろう。

あまりにもファンタジー寄りにすれば、SFにする必要はなく、

メルヘンチックなおとぎ話のようにしてしまえば良いわけで、

中途半端なバランスではどっち付かずで滑稽に見えて仕方がない。

 

エンディングの回想シーンからのエンドロールは音楽との相乗効果もあり、

とても壮大な映画を観終わったかのような満足感を味わえるのは良かった。

YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト (原題:Sneekweek)

「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」

YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト [DVD]

 

製作年2016
製作国オランダ
ジャンルホラー/スリラー
メレルカロリーン・スプーア
ティムフェリー・ドゥーデンス
ボリスヨルド・ノッター
リサホリー・ブロート
タイスイェル・デ・ヨンク

 

あらすじ

大学を卒業したメレルは、バカンスを過ごすため同じ寮に暮らしていた仲間たち男女6人でリゾートにやって来た。宿泊する貸別荘が思いがけず豪華で喜ぶ彼女たちだったが、いざ到着してみると誰がそこを手配したのかはっきりしない。細かいことは気にせず休暇を満喫する皆だったが、メレルはひとり悪夢にうなされる。実は、彼女たちはかつて新入生に過酷な入寮テストを課し、ひとりが命を落とした事実を隠蔽していたのだ……。

WOWOWオンライン

 

レビュー

邦題は「YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト」となっているが原題は「Sneekweek」

よくわからなかったので調べてみたが、スネークウィークというのはどうやら

オランダのスネークという町で行われるウォータースポーツイベントのことのようだ。

日本語でネット検索してもヒット件数は少なく、日本における「Sneekweek」

知名度が無いことは明らかであるため、邦題を付けることになったのであろう。

しかし同じくホラー映画である「サプライズ」の原題も「YOU ARE NEXT」であるため、

若干ややこしくなりそうだ。

どうせなら別の邦題を考えてほしかった。

 

内容については過去の有名ホラー作品の定番ネタを

これでもかというほど盛り込んだような作品だ。

そのため、極端に悪いというわけではないものの、何かが良かったという点もほぼ無く、

オープニングからエンディングまで低空飛行を続けたような印象だ。

大学生達が明確な殺意は持っていないものの人を殺してしまい、

その場にいた仲間達が隠蔽工作をして成功。

そしてその後もその秘密を隠し通すが、ある日突然襲われ仲間達が次々と殺されてしまう、

といったシチュエーションは「ラストサマー」が一番に思い浮かぶだろう。

その他にも随所に観られる演出もホラー好きならば

安易に予想できてしまうような陳腐なシーンが多くあり退屈であった。

もはや様々なホラー映画からそのままパクっていると言っても過言ではないレベルなのである。

 

冒頭は大学の入寮テスト?として、氷の入ったプールに入り我慢比べをして、

最後まで残った人物を選ぶというテスト行う。そしてそのうちの一人が亡くなってしまう。

そしてその場にいる全員が隠蔽する選択を取り、事故扱いとなる。

ここでは途中で局部の大きさを測るなどの精神的な攻撃も行われており、

登場人物の大学生は例外なく卑劣な人間であることが開始早々に描かれてしまい、

登場人物に魅力が感じられなかった。かといって復讐を考えている側の登場人物に魅力があったとも言えない。

 

またスプラッターシーンも描写が甘く、特に斬新なものも無く、

ど派手な描写というわけでもなく、

ほとんど印象に残らないような中途半端なものであった。

殺人鬼側も凶器に工具を好んで使うが、トドメを差しきれていなかったり、

工具を使うポリシーがあるのかと思っていたが、

途中でナイフ?包丁?を使うなど理解できない面が多い。

そして最終的には冒頭であれだけ外道な印象付けをされた

主人公集団のうち2人は生き残ってしまうのである。

 

極めつけはラストシーンだ。冒頭で死なせてしまった大学生の母親の元へ、

生き残った主人公の1人の女性が謝罪に行くというシーンでエンディングを迎える。

謝罪中に一切返答が無いことを不審に思い顔を覗き込むと、

母親はなぜか目が真っ黒になっており、

いきなり大口を開けて「グワァー」と低い叫び声をあげる。

完全に意味不明である。

ここまでオカルト要素は皆無だったが、急に悪霊や悪魔が取り憑いたかのような描写。

(目が真っ黒、かつ異様に低い声から推測。)

何かのパクリかとも思ったが、唐突過ぎて何からパクったのかもわからない。

適当に観たホラー映画であったシーンをそのまま再現してしまったのであろう。

正直深読みも出来ないレベルだし、したくないレベルである。

 

細かいツッコミも多い。

大怪我を負ったキムがあっさり退院してしまったり、

犯人を棒で突くとあっさり気絶してしまったり、

額にネイルガンを打たれてもピンピンしていたり、

そもそも冒頭のシーンにあった、

低体温症での死亡を偽装などは出来ないのではないだろうか。(医学知識は皆無だが…)

 

良かった点はEDMと、別荘からの風景お色気シーンぐらいだろうか。

EDMは好きじゃなければ特に魅力となる事は無いだろう。

トウモロコシと思われる畑の風景は美しいのだが画面に映る頻度は低い。

セクシーなシーンは数が多いものの、クオリティはそれほど高くないため、

惹かれるようなシーンは少なく、とりあえず露出を多めにしたという印象が残る。

またホラー作品であるため当然といえば当然だが、

男性向けのセクシーシーンは多いものの、女性向けのシーンは少ない。

 

上映時間は113分となっている。

正直2時間近くもこの映画に時間を取られてしまったのは不快だ。

オランダでは大ヒットらしいが、本当ならオランダ人の感性を疑ってしまう。