セル(原題:CELL)

「セル」

セル [DVD]

あらすじ

離れて暮らす妻と息子に空港から電話をしていた作家のクレイ(ジョン・キューザック)だったが、携帯の電池が切れてしまう。すると、周囲で携帯電話を使用していた人々が突如凶暴化し他人を襲い始め、空港は大混乱に陥る。辛くも地下鉄へ逃げ込んだクレイは、車掌トム(サミュエル・L・ジャクソン)、少女アリス(イザベル・ファーマン)と協力し、暴徒の襲撃をかわしながら妻と息子のもとへ向かう。

Yahoo映画

 

レビュー

スティーヴン・キングの原作を、キング自ら脚本を手掛けた作品。

監督はトッド・ウィリアムズ

ジョン・キューザックサミュエル・L・ジャクソンイザベル・ファーマンらが出演している。

 

携帯電話を使っていた人が突然何らかの電波、あるいは音声により半ゾンビ化するという作品だ。

携帯電話に耳を当てると狂暴になり、自傷行為や狂暴化していない人間を襲ったりしてくる。

最序盤はテンポよく進み緊張感のある展開が続く。

だが進むにつれてテンポが良すぎるような印象を受けた。

無駄なシーンが少なく、必要な要素を淡々と映しているだけだ。

誰かが襲われるシーン、過去などのバックグラウンドを語るシーンなどは入れてくるものの、

いわゆる「遊び」の部分が無く淡々と進行する。

普通は物語の本筋には全く意味のない雑談や行動を少し入れることで、

キャラクターの性格面や世界の掘り下げをしたりするが、それが一切無い。

移動のシーンなどはほとんど描かれず数秒の風景を差し込むだけなど、

ぶつ切りで繋がりを感じられない所も多く感じる。

生存者も同行してはすぐに襲われて離脱を繰り返すのみ。

構成としてはあまり褒められるものではないだろう。

 

ストーリー上の謎もほぼすべて明らかにならない。

中盤以降、明らかな伏線として生存者の夢に出てくる赤いパーカーの男。

ラストまでちょこちょこ出てくるのだが、詳細は一切不明。完全にほったらかしである。

謎の電波によるゾンビ化についても詳細は一切語られない。

中盤以降、ゾンビ側がなぜか主人公のみをターゲットにして誘い出すような行動があるが目的は一切不明。

終盤、カシュワクという場所へ息子を助けに行く選択を取る主人公に対して、

自殺行為だ」とか「明らかな罠だ」とか言って引き止めようとするのだが、

これにはどうも納得できない。

そもそもカシュワクに関する情報が少なすぎて、

映像中には罠だと判断できる根拠は出てこない。

 

ラストシーンについても伝えたいテーマとインパクト重視で安易に考えた感が否めない。

なぜか大量の携帯人が電波塔の周りをぐるぐる回っている。

主人公を襲うわけでもなく、ただ壁を作っているだけ。

主人公の行動も意味不明だ。

円の中心にいた赤いパーカーの携帯人を倒してから、

徒歩で携帯人の壁を抜け出そうとしている。

壁が分厚く押し戻されてしまう主人公が、諦めたようにC4の起爆させようと携帯電話を開く。

息子を助けに来たわけじゃないのかと言いたい。

息子を助けるためならまず息子を探すのが最優先なんじゃないだろうか。

その後すぐ目の前に息子が現れるも携帯人となっていたので、自爆を決意する。

しかし、自爆する前に既に携帯人となってしまったらしく、主人公も壁の一人となりエンディング。

幸せな幻想を見てラストシーンを迎える。

 

 

この作品は携帯電話に依存すぎている現代の状況を批判したいという、

その一心で撮った映画だと感じる。

レビューを見るとエンディングシーンが意味不明だと書いているレビューがあるが、

どうみても深読みするようなエンディングではないだろう。

携帯電話に依存している人間は自分では幸せだ、便利で充実していると感じているが、

外から見ると(まともな人から見ると)意味のない行為を、

実体のない者(物)に繰り返させられているという滑稽な状態のように見えている。

作品全体を通して、ただこれを描きたかっただけであろう。

細かい設定などはすべてほったらかしなので、

少しはエンタメとして楽しめる要素を入れておくべきだろう。

芸術的な映画だとか持ち上げているレビューもあるが、

原作スティーブン・キングの名前に引っ張られすぎである。

有名俳優に有名原作者だからといって持ち上げる必要はない。

 

まとめると序盤の数分は引き込まれるものの、

それ以降は右肩下がりで面白さが無くなっていく。

特に良い点も無く、観て後悔するような作品であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です