パラサイト・イヴ

「パラサイト・イヴ」

パラサイト・イヴ [DVD]

 

あらすじ

生化学者・永島の妻である聖美が交通事故に遭い死亡、腎バンク登録をしていた聖美からは腎臓が摘出される。 絶望する永島だったが検視官である友人・吉住に頼み込み聖美の肝細胞を秘密裏に入手し培養を始める。

Eve1と名づけられた聖美の肝細胞は驚くべき早さで増殖し、ついには自力で培養槽を抜けだし増殖の増進剤を手に入れようとする。その瞬間に偶然居合わせた永島の学生の朝倉はEve1に体を乗っ取られる。朝倉に乗り移ったEve1は学会の講演にてミトコンドリアの人間界への進出を宣言し会場を焼き払い大学へ逃亡。永島はそれを追うがEve1に誘惑され精子を奪われる。

Eve1は聖美の腎臓を移植された少女・麻理子の体と永島の精子を用いて完全な生命体を誕生させようと画策していた。病院にて麻理子を襲い受精卵を植え付けることに成功した。永島、吉住、麻理子の父が駆けつけた時には既に完全生命体・イヴは生まれ、人々に対する攻撃を始める。永島はイヴを止めるためにイヴと融合し消滅させることを決断する。

Wikipedia

レビュー

ミトコンドリア遺伝子をテーマにしたSFホラー映画。

原作は瀬名秀明のデビュー作となったホラー小説「パラサイト・イヴ」

 

学校でミトコンドリアとかを習っても覚えていない人もいるだろう。

序盤はそういった人に理解させるためにしっかりと専門的な事柄を説明しているのは好印象。

それと随所に入るピアノのBGMは素晴らしい。

観終わった後に気付いたのだが音楽担当はあの久石譲。

音楽が良いのは当然だったというわけだ。

 

前半部分で気になったのは手術シーンだ。

病院のシーンではなぜか鮮やかな赤の手術衣を着用している。

手術中に出血した血液の赤色を長時間見ていると、補色残像という現象が起こる。

視界がぼやけたり色が変わって見えたりしてしまうのだ。

それを和らげるために青緑色のような色の手術衣を着用するのが通常だ。

しかしここでは鮮やかな赤の手術衣だ。本来ならありえないはず。

あのシーン自体は特別に恐怖を煽ったり狂気性を強調するシーンではないし、

真っ赤な服というのは普通に見ても不自然だろう。意図がわからない。

 

監督は落合正幸ということで、ホラー的な雰囲気は全体を通してよく作られている。

ただ薄暗いだけではなく、照明に緑や青や赤といった原色を上手く使ったり、

三上博史が狂っていく過程などもホラーを上手く演出出来ていると感じる。

ラストの病院でのシーンはややチープなお化け屋敷のような印象を受けたが。

ただ時折現れるCG映像には興ざめするだろう。

せっかく雰囲気を出せていてもクオリティの低いCGでは盛り下がる。

液体のCGは難しいと聞いたこともあるが、

90年台の後半であるなら、他の映画や画像を見ても

もう少しまともなCGを作れたはずだと思える。

人体が燃える描写も、人物の上に炎を適当に被せて

ただ悲鳴を上げているだけといったような印象だ。

 

終盤、Eve1(葉月里緒奈)が麻里子を抱えて病院から逃げようとするシーンでは、

Eve1はなぜか浮きながら移動するのだ。

人間の身体の形をして、足もちゃんとあるんだからしっかり歩いてほしい。

発火現象はそれなりの説明があるので良いのだが、

ホバリングについては特に説明は無い。

人外感や神々しさのようなものを演出したかったのだろうが、

それならば特殊メイクを使い、ゲーム版「パラサイト・イヴ」のように、

人外感を演出したほうが良かったのではないだろうか。

 

また同じく終盤の病院のシーンではやたらとハイテクな防犯・防火設備を駆使して

Eve1の逃亡を阻止しようとするが、さすがにハイテク過ぎやしないだろうか。

ただの病院なのだが熱感知による追跡や、

3Dマップを使って位置関係を把握できる設備というのはいささか突飛すぎる。

さらにその機械はEve1によって破壊されてしまうのだが、

ここまで来るとなんでもありだなという印象しか受けない。

発火現象は体内のミトコンドリアを異常なまでに活発化させるという説明がなされている。

しかし、機械を故障させたり、供給される電力を不安定な状態にしたりなど、

他にも色々ツッコミどころはあるのだが、ファンタジーの領域がとにかく目立つのだ。

SFというジャンルは科学とファンタジーを両立させることが大事だと思う。

あまりにもガチガチな理詰めサイエンスだと

それはそれでコアなファンも付くだろうが、万人受けは難しいだろう。

あまりにもファンタジー寄りにすれば、SFにする必要はなく、

メルヘンチックなおとぎ話のようにしてしまえば良いわけで、

中途半端なバランスではどっち付かずで滑稽に見えて仕方がない。

 

エンディングの回想シーンからのエンドロールは音楽との相乗効果もあり、

とても壮大な映画を観終わったかのような満足感を味わえるのは良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です