ロスト・エモーション(原題:Equals)

「ロストエモーション」

ロスト・エモーション [DVD]

作品データ

製作年: 2015年
監督:ドレイク・ドレマス

キャスト

役名役者名画像
サイラスニコラス・ホルト
ニアクリステン・スチュワート

解説

リドリー・スコット製作総指揮の下、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトと「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが共演したSFサスペンス。世界戦争によって地上の99.6%が破壊された近未来。滅亡の危機に瀕した人類は、遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体「イコールズ」をつくった。そこで暮らす人々は保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望といった感情が生まれると、「発症」したとして隔離施設へ送られ、安楽死させられる運命にあった。そんな環境下で、感情を「発症」してしまったサイラスとニアは、外の世界への脱出を決意する。日本でもロケを敢行し、世界的建築家・安藤忠雄の建築物で近未来都市の世界観をリアルに再現した。監督は「今日、キミに会えたら」のドレイク・ドレマス。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

映画.com

 

 

レビュー

舞台は世界戦争によって地上の99.6%が破壊された近未来。人類が住める場所は2箇所のみとなった。

1つは遺伝子操作を施した感情のない人間のみで構成された共同体「イコールズ」を作り生活している。

もう1つは「イコールズ」から西にある半島である。その半島では感情や欲望を持った「欠陥者」と呼ばれる人達が住んでいる。

「イコールズ」で生活する人々が感情を発現させてしまうと

「SOS(感情制御不能症:Switched On Syndrome)」「感染」「発症」と診断され

保健安全局の管理する施設「DEN」に連行され最終的に安楽死させられるという設定だ。

 

一見ガチガチの管理社会と思いきや、監視体制が激甘なのである。

そもそも感情や欲望が無いことが前提となっているがゆえなのかもしれないが…。

まず特に誰かに見張られているわけではないし、休憩中に雑談したりもOKなのである。

感情が完全に無いのだとしたら、雑談による相手への探究心・興味といったものもアウトだろう。

さらに細かい演出にもツッコミが入ってしまう。

例えば出世願望や共同体のために仕事を頑張ろうという気力も無いはずである。

普通なら仕事への意欲は皆無と言っていいだろう。

またサイラスが会議中に「SOS」に罹っている事を打ち明けた際には、

同僚は「マグカップは別にしよう」と言っていることから周囲の人間は感染を恐れてしまっているのである。

しかも感染の危険は皆無と言われているのにも関わらずである。

その後は上司であるレナードに問題行為があると認識されているのにも関わらず口頭で注意のみ。

サイラスが出版部を辞めるということを人事担当?に報告した時にあったセリフ「出版部の仕事は人気で…」とあるが、

感情が無いのに特定の職種が人気とはこれいかに?

終盤からラストシーンにかけては列車に乗って郊外へ行き、そこから「欠陥者」の半島へ向かう予定だという。

なぜ自由に列車に乗れるのだろうか。欲望や感情が無ければ列車に乗って移動する必要は無い。

旅行等は完全に不要、どう考えても開拓や調査などの労働以外では列車を使うケースは無いのである。

そもそも感情の発現が自己申告というのはおかしい。

血液で簡単に判別出来るのだから、最初から体内に埋め込むタグに同等の機能を付ければ簡単ではないだろうか。

さらにプライバシーなど無いのだから、監視カメラを各個室などに設置すれば、

すぐに不穏分子を見つけ出せるのだが、一切設置されていないのも不自然だ。

 

一方、良かった点はコンクリート打ちっぱなしの無機質な建物と白を基調とした制服である。

これらにより、この世界の雰囲気を上手く作り出している。

そして「無感情」という特殊なシチュエーションと恋愛という真逆の要素を上手く対比させることで、

より効果的に舞台を作り上げている。

また登場人物達の「無感情」や「感情を隠している無感情」や「抑えていた感情を爆発させた」演技に関しては

違和感無く観れることが出来たのは良かった。

 

人類が種を存続させるため、争いを無くすために「感情」が悪だとされてきた世界で

「感情」を発露させてしまった主人公の「葛藤」や「感情」の大切さは考えさせられた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です